人生は挑戦あるのみ!

挑戦と失敗が成長の糧になる

Ranking

Special

異業種へ転職するなら熱意をアピール 異業種へ転職するなら熱意をアピール

失敗を恐れては挑戦はできない

失敗を恐れては挑戦はできない

挑戦をする人生を送っているか

挑戦をする人生を送っているか

挑戦をすることで自分自身を成長させることができ、挑戦が自分の持つ新しい可能性を教えてくれます。しかしそのことに気付いていても、自分が挑戦をする人生を選べているかを判断するのは難しいかもしれませんね。そこで自分の人生には成功することが多いか、失敗することが多いかを考えてみましょう。挑戦とは、自分の力を発揮すれば容易に成功できる、低いハードルを乗り越えることを指しません。挑戦とは、今の力では克服できない、高いハードルを乗り越えることを指します。このように考えた場合、成功ばかりの人生を送っている人は、自分では挑戦をしていると思っていても、実は挑戦をしてこなかった人かもしれませんね。いつでも克服できる課題しか自分に課してこなかった人かもしれません。

失敗が多い人生は、挑戦の多い人生

失敗が多い人生は、挑戦の多い人生

挑戦をしている人は、克服困難な大きな課題にいつも取り組んでいる人です。克服困難な課題に挑戦をしている人は、当たり前ですが失敗をすることが多くなりますよね。走り高跳びに例えれば、100cmのバーをすでに跳べる人が、90cmのバーを跳ぶことは挑戦とは言えませんね。何度跳んでも成功しますが、それは挑戦していないからです。そして挑戦をしなければいつまで経っても100cm以上のバーを越えることはできません。一方で100cmのバーを跳ぶ力しかない人が150cmや200cmのバーを越えようとすれば失敗することが多くなりますね。しかし何度も高いバーを跳ぼうとすることで、ジャンプ力を鍛え、跳び方を工夫し、跳躍力が徐々にアップします。そしていつか200cmのバーも跳べるようになるでしょう。200cmのバーを目標に設定すれば、失敗の連続になります。つまり高い目標や課題を設定して挑戦をしている人は、失敗の多い人生になります。

挑戦をすれば最終的に人生の勝者に

挑戦をすれば最終的に人生の勝者に

失敗を繰り返しても、それは過程にすぎません。先ほどの走り高跳びの例で言えば、最終的に200cmのバーを越えることができれば、それまでの失敗は無駄になりません。逆に何度90cmのバーを越えても、成長にはつながりません。それは意味のない成功体験と言えるでしょう。人生に大きな目標を立てて、それを達成しようとすれば、失敗から逃れることはできませんよ。しかし例え失敗が続いていても、自分が成長できているという実感を得ることはできるはずです。失敗を恐れて、人生の目標を低く設定してしまえば、成功はするものの人生から大きなリターンを得ることはできないはず。成功の連続の人生は、実は挑戦のない人生で、自分が成長する機会を自ら奪った意味が薄い人生と言えるでしょう。高い目標を設定し挑戦を繰り返すことで人は成長をし、大きなリターンを得ることができます。その過程では失敗はつきものですよ。自分の人生を振り返り、失敗ばかりだと思う人は、実は挑戦を繰り返してきた大きな成功を得る可能性が高い人生と言えるでしょう。

挑戦し続けて成長していくあなたに