人生は挑戦あるのみ!

偉人から学ぶ挑戦と成長のエピソード「エジソン」

Ranking

Special

異業種へ転職するなら熱意をアピール 異業種へ転職するなら熱意をアピール

エジソンの「失敗の考え方」

エジソンの「失敗の考え方」

発明王トーマス・エジソンは、数多くの発明品を世の中に送り出し、その発明は現在も世界中の人の役に立っています。エジソンの人生哲学として「失敗の考え方」が有名ですね。彼の失敗に対するとらえ方を知ることで、自分の人生に役立つヒントを得ることができるでしょう。エジソンは「失敗は成功と同じくらい貴重だ。失敗がなければ、何が最適か分からない」と言います。実際に電球を発明する時に、エジソンは2000個のフィラメントを試しています。つまりエジソンは電球を発明するまでに2000回近くの失敗を繰り返したということですね。しかしエジソンは2000回の失敗があったからこそ、成功があったのであり、失敗には成功と同等の価値があったと考えています。2000回の失敗体験は決して無駄ではなかったのですね。

科学者の実験のプロセス

科学者の実験のプロセス

科学者の実験のプロセスを見ると、エジソンの失敗に対する考え方の正しさが良く分かります。科学者が実験をする時は以下のプロセスを経験します。1.質問を投げかける、2.仮説を立てる、3.実験する、4.結果を分析する、5.結論を出す、というプロセスです。エジソンは実験をする時に、失敗をしたとしても感情的になって落ち込んだりはしません。実験の結果を冷静に分析し、改善策を考えて新しい実験に活かすだけです。成功という結果を得るためには、科学者の実験のプロセスをただ繰り返すしかありません。人は失敗をすると「自分はダメなやつだ」と責めたり、ネガティブな反応をしてしまいがちですね。しかしエジソンや科学者のように、「失敗も成功するためのプロセス」だと割り切れば、いちいちネガティブな反応をせずに一歩先へと進み続けることができますよ。

失敗の考え方を変えて挑戦を続ける

失敗の考え方を変えて挑戦を続ける

エジソンは「私たちの最大の弱点はあきらめることだ。そして成功をするための最も確実な方法は、もう1回試してみることだ」と言います。あきらめずに挑戦を続けることが、成功するために必要だということを説いています。人生において大きな目標を立てて挑戦を始めたら、失敗がつきものだと覚悟をしましょう。そして何度失敗を繰り返してもあきらめずに挑戦を続けることが大切なのです。失敗をした時にネガティブに反応するのではなく、成功に一歩近づいたとポジティブな反応をしましょう。もう一歩先に進むことを自分に課し続けることができれば、いつか大きな目標を達成することができるでしょう。辛い時はエジソンのこの言葉を思い出してください。「すべての可能性を使い切ってしまった時、思い出そう。まだ使い切っていない」。
エジソンの人生から失敗を繰り返すことの大切さをさらに学びたい人は「エジソン(コミック版世界の伝記)」を読んでみましょう。

エジソン (コミック版世界の伝記)
偉大な発明家エジソンの、失敗と挑戦に満ちた人生をコミックで読むことができる一冊。
エジソン (コミック版世界の伝記)

挑戦し続けて成長していくあなたに