人生は挑戦あるのみ!

成長を求める転職で新しい環境に挑戦

Ranking

Special

異業種へ転職するなら熱意をアピール 異業種へ転職するなら熱意をアピール

転職のメリットとデメリットを振り返ろう

転職のメリットとデメリットを振り返ろう

転職したい理由をハッキリさせる

転職したい理由をハッキリさせる

仕事を変えたい、職場を変えてみたいと考える時は誰にでもありますよね。実際に仕事を辞めて転職をするか、今の職場に留まることを選ぶかは人それぞれの判断によって違います。人生の時期によっても違うでしょう。転職をしたいと思った時に、本当に転職をすべきかどうか迷った時は、転職の理由を考えてみましょう。今の職場に不満があるから、今の仕事が飽きてしまったからというネガティブな理由の人もいれば、新しい仕事に興味がある、働いてみたい職場があるというポジティブな理由の人もいるでしょう。いずれにせよ、まず自分がなぜ転職をしたいのか、理由をハッキリさせることが大切ですよ。

将来の自分をイメージしてみる

将来の自分をイメージしてみる

転職をしたい理由がハッキリしたら、10年後の自分や20年後の自分をイメージしてみましょう。例えば転職の理由が「仕事に飽きた」という場合、転職をした後の10年後、20年後の自分をイメージしてみます。10年後の自分は、転職先で新しい仕事に飽きてはいないでしょうか。それとも生き生きと仕事をしているでしょうか。人間関係を変えたいという人は、転職先での10年後の自分をイメージしてみましょう。あるいは今の職場で働き続けた場合の10年後や20年後の姿をイメージしてみましょう。もしかしたら今は人間関係に苦労している人も、10年後の自分は問題を克服して良好な人間関係を築いているかもしれませんよね。転職をしたい時は、転職の理由が10年後、20年後にどう関係するかを考えることが大切ですよ。

メリットとデメリットがある

メリットとデメリットがある

転職にはメリットとデメリット両方あります。人間関係に悩んで転職をした先では、悩みの原因になっている人や苦手な人はいなくなります。一方で良好な人間関係を築けている人もいなくなってしまいますよね。人間関係をリセットすることはメリットでもありデメリットでもあるように、転職をすることにもメリットとデメリットがあります。転職をして新しい職場に行けば年収がアップして、職場に抱いている不満もなくなるというメリットがあります。一方でまた一から新しい職場の仕事を覚える必要がありますね。これは労力が余計にかかるという意味ではデメリットと言えるでしょう。

挑戦が転職をメリットに変える

挑戦が転職をメリットに変える

転職をするかどうか、理由をハッキリさせて10年後をイメージし、メリットとデメリットがあることを理解した上で結論を出しましょう。現在は売り手市場になっていますので、転職に挑戦をした場合、収入がアップし、待遇も改善する確率が高い時期です。転職を決断した場合は、今すぐ転職活動に挑戦をしてみましょう。転職を辞める決断をした場合は、今の職場での問題解決という課題に挑戦しましょう。今後の人生で挑戦し甲斐があるのはどちらかを考えて、転職するかしないかを決めるのも良いでしょう。

挑戦し続けて成長していくあなたに